<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Eのこと(続き)

 10年を隔てて再会したEは,こころもち左の足を引きずるような気配があったほかは,外見上はほとんど変わっていなかった。だが,当時のソビエト社会全体に吹き荒れた嵐の中で,何の変化もなかったはずはない──言葉の端々に,疲れ,いらだち,おびえ,といったものがにじみ出してくるような印象を漂わせていた。

 91年のモスクワ! もはやこの地上に存在しないあの世界を,そこに暮らしていた人々の生活と意識を,どう表現したらよいのだろうか。目の前のすべてが,毎日,少しずつ縮み,徐々にばらばらになっていくような.....  しかしさしあたりの所を一言で言ってしまえば,「静かな混乱」とでもいうべき落ち着きの悪さが支配していた。
  もう一人の知人,若いBはすでに「国家と法」研究所を辞めており,この時には流行の貿易商となっていた。それも,若い日本人女性が実家の支援で掻き集めた「円」を資本にし,自分や奥さん(ターニャ,どうしているのだろう)の兄弟を従業員にして,日本の雑貨を輸入するという,危なっかしい商法の。 まだ40歳そこそこなのに,不健康に腹が出はじめた彼の姿に,かつて,研究所の片隅で談笑した頃の彼の若々しい笑顔や,一緒にバーニャ(公衆サウナ)に出かけたときの会話とビールのジョッキ,スポーツ団体の随員として日本にやってきたときの三宮駅での短時間の出会いなどを思い出すことも難しかった。一体何があったのだろうか,といぶかしんだものだった。後になって,95年に彼が死んだということを聞いた後になって,彼の周囲で起きたさまざまの事を知る機会があったが,もう,その内容について語り合うこともできない。
  彼のことを考えると,今でも,涙が出そうになる。

  Eとの交際が決定的に途切れたのは,例のクーデター騒ぎのあったときだった。
  あの日,早朝に別の知人からクーデターが起きたらしいとの情報があって,テレビも沈黙している中,Eに電話したのだった。彼はまだ知らずに居て,「おっ」というような声をだしたあと絶句し,「調べてみて電話します」,といったきり,事件の決着するまで何の連絡もなかった。その後も,相当に長い間,彼からの連絡はなかった。
  たしかに,彼にとってこれは同情すべき事態なのだろうとは思う──その中に生を受け,長くにわたってその大義を奉じてきた体制の崩壊に立ち会っているのだから。しかし,Bが繰り返し言ったように,このような事態はその現場に滞在中の外国人にとっては,最高度に危うい,何が起きても不思議ではない瞬間の連続する危機そのものなのだ。せめて,何が起こっているかの情報の断片なりと伝えてくれてもよいではないか。妻も,事情をよく理解できぬ子供たちも,不安げにこちらを見て,判断を求めている── 
  考えてみれば,むしろ不思議だ。あのような状況の下で,よくパニックに陥らなかったものだと思う。それどころか,第一日の午前から,街の様子を見るためにクレムリン周辺やプーシキン広場などに出かけたのだから。しかし,Eへの不信の念はこのときに固まり,その後長らく残った。
  そのEも死んだ。

 そうか,あの日からもう14年も経ったのか。
[PR]
by kriminalisto | 2005-12-11 23:13 | 日記・コラム・つぶやき

Eのこと

  Eが死んだ,と聞いても,さしあたって思いつくのは,どうでもよい問いかけだけ。以前から悪かった腎臓の疾患でか?あるいは,事故でか? このニュースを伝えてくれたK君にしたところで,そんなことはわかりはしない──最近に東京に現れた極東大学のM某が伝えた情報だという。
  不思議な感覚だ。別段,惜しいとは思わない,とくに学問的な分野では。むしろ,今日まで彼のような「学者」が存在しえたことの方が不思議というべきだろう。しかし,これで確実に一つの時代が終わったという感覚はある,個人的にも。
  ソビエト時代の「**研究所研究員」には,明らかに,3種類の人間が居た。学術の分野できちんとした業績を上げている,紛れもない研究者である「本物」と,学問的貢献は皆無あるいは極小でありつつ,他の何らかの理由によって研究所所員の肩書きを与えられている人々,そして,そのいずれでもない,何の理由でこの研究所におり,研究員として給与を受け取っているのか,まったく理解不能な人たち。E.は決して無能だというのではないし,時折,彼の署名入りの論文を目にすることもあった。だが,彼の周囲に漂っている何かが,彼は上の第2のカテゴリーに属していると示していた。
  最初に会ったのは81年の5月,当時僕が家族とともに滞在していたグープキナ通りのアパートに現れて,当時日本で刊行されていた『マルクス主義法学講座』の合評会を開きたいので,出席してくれとのことだった。趣旨もよくわからないままに,指定されたK君の部屋(同時期にアカデミー・ホテルに滞在中)に行くと,われわれの他には2・3名の日本研究者が来ており,その中にはパノフ(後の駐日大使)も居たように記憶する。かのラトゥイシェフの学び子たちの懇話会といった雰囲気だった。
  Eは当時,アカデミーの極東研究所に所属していて(そのように言っていた),ロシア人としては数少ない日本法の「研究者」だった。久しぶりにモスクワに,K君とか僕とか,若い日本人法学研究者が留学することになって,自分が一肌脱がねばと思ったのだろう,色々と気を使ってくれた。少し前に,初恋の相手だったエレーナさんと再婚した(夫を喪った彼女にめぐりあった彼は妻と別れて,彼女に求婚したのだと聞いた)とかで,幸せそうだった。
  彼については,むしろ帰国後に,それまで知らなかったさまざまの事実を,噂とともに聞くことになる。極東の国境警備隊での勤務から出発して,いくつかの秘密工作にかかわり,当時はKGBの大佐だったというのだ。軍服姿のEを見たという先生もいた。

  彼とは91年に,再度のモスクワ暮らしの中で,そしてソビエト時代の最後の現場で,再会する── 
[PR]
by kriminalisto | 2005-12-11 00:57 | 日記・コラム・つぶやき

いやな予感

 このところ世間を騒がせている一級建築士による構造計算書の偽造問題だが,問題はまさに「構造」的な様相を露にしつつあり,その全容が明らかになり,被害者が最低限度の救済を得るまでには,なお相当の時間を要するだろう。
 だが,ここ数日,僕には別の「いやな予感」が付きまとっている。この建築士,殺されるのではないか。
 頭のなかをよぎるのは,豊田商事の永野会長の刺殺事件だ。新聞・テレビの記者やカメラマンが詰めかけるその面前で,平然と,窓を破って二人の男が会長のアパートの一室に押し入り,悲鳴が聞こえ,やがて血の付いた凶器をぶら下げて刺殺者が戻ってくると,記者たちが口々に質問する──殺したんですか,と。
 明らかに,永野会長が死ぬことに利益を持つ何者か(さぞかし多かったことだろう)が彼らを雇い,殺させたのだ。
 同じことが,建築士に起こらないだろうか。彼が死んでしまえば,一切を彼に押し付けて知らぬ存ぜぬを決め込めると考えている者が居ないだろうか。この間のニュース報道,関係者の国会喚問の光景などを見ていると,問題の建築士の「怯え」が伝わってくる。
 むしろ,逮捕されて警察に護ってもらいたいと,彼は願っているのではないだろうか。
[PR]
by kriminalisto | 2005-12-01 23:15