<   2004年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

免許証の更新

 今朝は早朝から運転免許試験場めざして出発。バス電車バスと乗り継いで、予定通り午前8時30分に到達してみると、もう長蛇の列が出来上がっていた。窓口に向けての列に並ぶ経験は日本ではあまりない──他に何があるだろう、空港での出入国審査ぐらいのものか──し、行列の進み方もロシアやアメリカのことを思えば速いものだ。それでも、窓口から窓口へと、次々に指示に従って進み、3,950円の手数料と訳の分からない「交通安全協会」会費1.000円を払い、機械的に写真を撮られて3階の教室へ。交通安全講習2時間を義務付けられているとのことで、ビデオ2本とこの間の交通事故実態、道交法の改正点などについての講義。きわめて手際がよい。
 講習の要点は、結局、車には乗らない方が幸せでいられる確率が高い、乗るのであれば安全の上にも安全に運転を、ということに尽きる。
 新しい免許証(3年・青)を受け取って外に出ると、この時間帯バスは40分に1本しかなく、膨大な数のタクシーが客待ち状態。いくらか天邪鬼な気分になって、歩けるだけ歩いてみようということにした── ここから先は書きたくない。思い出すだけで汗が滴るようだ。

 それにしても、新規の試験受験者も山のように居たし、運転免許試験場は賑わっている。そこに詰めかけている多くの人のうちで一体何人が本当に運転免許を必要としているのだろうか。
 例えば僕にしたところで、人が驚くほどの歳になって教習所に通い免許証を手にしてから、実際にはほとんど車を運転していないし、自家用車も持っていない。街中で暮らす限り、公共交通機関でそれなりの用は足りるし、必要なときにはタクシーを利用する。その方が便利でもあり、経済的でもあるからだ。 では、なぜ免許を取ったのか── まあ、それにはいろいろと理由があるのだが、簡単に答えるのは難しい。
 しかし、案外、こんな風に、免許は持っているが実際には運転しないというのが、理想的な行きかたかも知れない。
[PR]
by kriminalisto | 2004-07-23 16:32

「私には気がかりなことがある」

 参議院選挙投票日。当然のことと投票には行ったが、そして自民党政権には打撃となる結果が予想されているとはいえ、その結果として現在の閉塞状況が好転するとは思われない。
 一転して、気になった報道二つ。

 「小6女児連れ去ろうとした小学校教諭逮捕 大阪」:大阪府警豊能署は11日、小学6年生の女児2人を車で連れ去ろうとしたとして、同府池田市立石橋南小学校教諭、川瀬正博容疑者(55)を未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕した。大阪教育大付属池田小の乱入殺傷事件を機に同市が始めた携帯電話のメールを使って危険情報を提供する情報サービスが逮捕のきっかけになった。(毎日新聞)
 *容疑者の55歳という年齢──人生の第2の危機としての男性更年期

 「20歳女性を刺殺?全裸の22歳男が交番に自首 東京」:10日午後10時10分ごろ、東京都杉並区高円寺南4の交番に全裸で血だらけの男が「許してください。女を殺した」と自首してきた。警視庁杉並署員が約100メートル先のアパート2階の男の部屋を調べたところ、胸などを刺されて死亡している若い女性(20)を発見、同署は男を殺人の疑いで緊急逮捕した。 <中略> 容疑者は、交番に向かう途中、自動販売機で買い物をしていた女性(36)の後頭部に数回かみついて軽傷を負わせていた。調べに対して女性を刺したことは認めているものの、そのほかは「分からない」と繰り返しており、動機を追及している。(読売新聞)
 *全裸の22歳男、通行人の頭に噛み付く──覚せい剤による幻覚下での犯行か 
[PR]
by kriminalisto | 2004-07-11 22:16